現実にパソコンの。画面の前に座り、休むことなく変化しているレートを見てしまうと何やら取引をしなくてはいけないという衝動に煽られる場面も少なくないと思います。だけど、はっきりしない思いで売り買いをするのだけは、絶対にしてはいけません。知っての通り、外国為替市場は1日中いずれかの外国為替相場は変化しているし為替相場も常時変化しています。しかし、だからといって立て続けにエントリーを積んでいくと、それだけ損をするリスクが高まってしまう。無論、売り買いの数を増やすことによって勝ち負けの確率か半々に近づくのは事実です。けれどもその事は「明確でないアイデアでトレード」することとは別問題です。取引回数を積み重ねる事の意味は自ら「ここは!」と思いついたチャンスを得られたところでのエントリー回数を重ねるという事を意味します。ただ何となく、のべつ幕なし売り買いを積み重ねるのとは大きく異なります。マーケットの戦いに立ち向かうためには、自らメリハリをつけることが重要です。「ここはいける」と思えた市場の時には、覚悟を決めて所有ポジションを増やして徹底的に利益を追い求めます。「何となく難しいマーケットでどう変化するのか読めないな」と思案した時は、観念して売買ポジションをクローズして黙っています。このぐらいのけじめがあったほうが、最後には売り買いはうまくいくものだ。マーケットの金言には「休むも相場」というものがある。実に言葉どおりだと思います。取引とは、いつでもポジションを所持する事が肝心な事ではなく、ポジションを持たないでじっと待っている事も場合によっては外国為替相場です。それでは、どのタイミングで、休む必要があるのでしょうか。ひとつめは、前に述べたように、これから先の相場展開が明確に難しいときです。ここから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は、間違って判断すると、自分で思い描いたシナリオとは異なった方向にマーケットが向ってしまい、損してしまいます。そのため、こうしたケースではポジションを閉じ何もせずに様子を見ているのがいいと思います。次に、自分の体調がよくない時です。コンディションとマーケットに関係しないと感じる人もいるでしょうが現実には大きく関係があります。体の調子が悪い時は、為替相場の大切な状況で必要不可欠な決定をする事ができません。気乗りがしない時は、マーケットから離れてみるのも肝心な事です。